タオルのたたみ方を変えてみる

 無印良品のしなやかタオル薄手

洗面所のスペースを広くする必要があり、思い切って収納棚を処分しました。20年前に建てた家なので、今のお家のように洗面スペースが広くなく、洗面台と洗濯機でもういっぱいいっぱいでしたが、無理やり収納棚を置いているという状況でした。

以前は、洗面・浴室で使用するタオルを、その扉のある収納棚に入れていたのですが、処分した為、タオルを見せる収納に変更せざるを得なくなったのです。あまり、見せる収納というのは得意ではないので、極力扉のある棚を使用したいのが本音ですが、しかたありません。

ホテルに置いているタオル のたたみ方をしてみると綺麗に見えるのではないかと思い実践してみました。

1.タオルの裏を向けて広げます。       

タオルを裏向けて広げる

2.3分の1中におりこみます。        

1/3中に折り込む

3. 残りの3分の1もおりこみます。      

残りの1/3も中へ折り込む

4. 両サイドをセンターに向かって折り込みます。

両サイドセンターに向かって折り込む

5. センターで二つおりにして出来上がりです。

センターで二つ折り

ひと手間かかりますが、コンパクトでスッと一つ一つ取り出しやすいです。重ねて置いたときも、商品棚に並んでいるような感覚でスッキリ見えると思います。お客様がこられたときにも、この形なら、おもてなしの気持ちが伝わるように思います。

扉があるとついつい雑になるところですが、やむを得ず見せる収納になったことで、丁寧さを手に入れられたと考えればわりきれるようになりました。デメリットにはメリットもついてくるという前向きな考えた方です。大げさですが、このような機会でもなければ、たぶんタオルのたたみ方に目をむけることは一生なかったと思います。

問題がおきる分だけ、解決するために知識が増えると最近思うようになっています。
たかがタオル。されどタオル。

今までタオルにこだわったことはなかったのですが、これを機会に一新しました。
色々探しましたが、今回購入したタオルの種類は、

無印良品のオーガニックコットン混 しなやかタオル・薄手 です。

このシリーズは自分にあったタオルを選べるというコンセプトのもと、厚みとサイズのバリエーションが豊富に展開されています。ちなみに私は、雨の日などのあと生乾きの匂いがきになるので、薄手を選びました。薄手でもこのたたみ方をすると置いていてもボリュームが出て綺麗です。

追記MEMO 2019/2/27

使用して、約3か月たちますが、グレーは少し色落ちがあるので、次に買うならホワイトで揃えようと思っています。匂いは全く気になりません。