普段着・仕事着を制服化する

普段着を制服化する
私は、服のコーディネートが正直いって苦手です。

そう自覚してから、改善方法を模索しました。その結果、

◆普段着・仕事着は、制服化するようにしています。

◆形はほとんど一緒で、色違いを何枚か購入します。

衣替えの準備に、冬服をクローゼットからだしてきたら、だいぶよれていたので、似た物を見つけて購入してきました。定番ものでも、一年たつと若干形が変わっていることもあるので、気に入ったものはなるべくまとめて買っておきます。

そこでも決まり事があり、入れ替え方式で、買った枚数分だけ、よれたものを同じ枚数分捨てています。

昔は、今年流行の~とか、今のトレンドは~とか、雑誌で見て買ったこともありました。でも、だいたいそういう流れに沿って買った服は一年で着なくなるか、もしくは、一回着て終わっていました。みなさんも、何でこの服かったんだろ?と不思議に思うことはないでしょうか?それはそれで、服にも申し訳ないので、やめて制服化に踏み切ったわけです。

制服化する前は、仕事に行く前、出かける前など姿見鏡を見て ”なんか変” と思い、着替えを何回もして、外にでる前に疲れ切っていたんです。時間をかけて選んだわりには、しっくりこないまま外出するということが多々ありました。

◆制服化することで、服を決める疲れもなくなりました。

◆ハンガーにかけて収納するのですが、同じ形の服がクローゼットの中に整然とならんでいるのみると心がスッとします。

◆一目で今持っている服がわかるので、探す時間も減り、時間にもゆとりが生まれました。

はじめは、もちろん、ちょっと恥ずかしいという気持ちもあったんですけどね。同じ形の服ばっかり着てるって思われないか・・・と人の目も正直気になりました。そう思わなくなったのは、スティーブジョブズの本を読んだ時に、スティーブジョブズは、黒のタートルネックにジーンズ、足下はスニーカーというスタイルを貫いていたと書いてあったからです。単純ですが、それで吹っ切れました。

服を制服化している代わりにというかけではないですが、靴と鞄だけは長く使える、ちょっと良い物を買うようにしています。ここだけの話ですが、中に着る服がすこし安いものでも、靴と鞄で良いもの持っていれば、結構なんとかなるものです。特に仕事場のちょっと年配の方から「良い靴持ってるね。どこのブランド?」と何回か言われたことがあります。

「オシャレは足元から」と昔から言われていますが、本当なのかもしれません。人の目線は先端に集中するらしいですよ。(また後日、靴と鞄の紹介もできればと考えています。)