床の模様替えにおすすめなタイルカーペット DIY

サンゲツのタイルカーペット
最近DIYの特集が組まれるようになり、SHOPも増えてきていますね。
私もよく実家でDIYを楽しんでいるのですが、2016年5月に行ったDIYー床の模様替えーについて書きたいと思います。(年月はネットで購入した床材の注文履歴より)

以前のフローリング床

以前は上記写真のような、濃い色のフローリングの部屋でした。冬は寒く、少し写っているラグを敷いていたのですが、動くので都合悪かったのです。
ホームセンター、ニトリ、無印、東京インテリア、IKEA と一通り見にはいったのですが、ぴたっとくるものがなく。
今回はかっちり止まるタイプの床にしたかったので、色々検討した結果、タイルカーペットを敷いてみることにしました。さっそくサンプルを取り寄せ、(ネットでもサンプルの注文ができます。今だと税込39円ぐらいであります+送料150円)たくさん種類のある中から候補の三色を選んで置いてみました。

タイルカーペットバリエーション

冒険もしてみたかったのですが、結局無難な真ん中の色に決めました。

【詳細です】
・サンゲツ  NT-350シリーズ
・色     NT-367のホワイト
・一枚あたり 246円(2016年5月)
・注文枚数  39枚
・送料込   10305円(送料は無料でした)

【材料】
・タイルカーペット
・カッター
・長めの定規
・カッターマット
・色鉛筆

【所要時間】
・3~4時間(家具の移動を含め、一人で作業した時のおおよその時間です)

枚数は、部屋の大きさを一枚当たり(50㎝×50㎝)の面積で割り、失敗した時ように3~4枚ほど多めに注文しておくと良いかもしれません。
私の部屋の場合は、枠が回っていたので、のりは必要なかったのですが、部屋の納まりによっては、のりが必要になることもありますのでご注意ください。

タイルカーペット施工後
難しい箇所は、上の写真の扉の付近の縦枠の凸凹でした。ここがばっちり納まった時はすっきりしました。あとは隅の方での調整ぐらいです。

施工方法はタイルカーペットの種類によって違うとおもいますので、購入の際ご確認ください。一つリンクを貼っておきます。
https://www.rakuten.ne.jp/gold/kabegamiyahonpo/how_to-tail/p0/reform-t-P0.html
(中心から置いていくものが多いですが、私の場合はオリジナルでややこしい建具付近からから収めていきました。)オリジナルで施工してますが、丸2年たっても動くことなく、しっかりしまっています。

部屋の雰囲気としては、明るくなりましたし、以前にくらべて温かみがあります。同じ面積ですが、広く感じます。そして冬は温いです。
材料も少量ですし、ゆっくり、基本にそって行っても1~2日でできると思いますので、部屋の模様替えの手段の一つとしておすすめです。
柄と無地を交互にいれるとまた違った雰囲気になりお部屋が楽しくなると思います。