セブンチェア おしゃれな椅子を一脚

セブンチェア

【椅子のプロフィール】
・作者:デンマークの建築家 アルネ・ヤコブセン ArneJacobsen
・椅子の名前:SEVEN(通称:セブンチェア)
・W500/D520/H780/SH440
・薄く、軽く、耐久性があると定評

【この椅子を選んだ理由】
・一枚の板から造られていることに興味をもった
・木でできているのに背もたれに弾力性があった
・初めて買う椅子は失敗したくなかった
・おしりが包み込まれるような感覚ですわり心地がよかった
・作成される過程が素晴らしかった
・どこに置いてもすっきりみえる、空間を圧迫しない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

13年前に大阪のyamagiwaという照明及び家具を取り扱うお店で購入しました。建築の仕事も駆け出しの頃でしたので、見たこともない家具や照明にはじめて触れ心、躍る感覚だったことは今でも忘れていません。
最近では、北欧の家具を取り扱うお店が増えてきていますが、その頃はどこにでもあるというものではなかったように記憶しています。椅子を購入すると決めて大阪まで3度ほどお店に足を運んだと思います。やっぱり椅子は、デザインはもちろんのこと、すわり心地も重要ですからね。

購入を考えているときは、見習いの状況ですので、貯金も貯まっていなかったですし、給与もわずかでした。正直これを購入するには勇気がいりました。当時1脚4万~5万ぐらいしたと思います。

椅子1脚に5万払うなんて考えられないと思うわれるかもしれませんが、(はじめに見に行ったとき私もそう思っていました。)今では買ったことを後悔していません。この椅子から与えてもらったものは多く、今では安かったと思うこともあります。(購入してから一度も不具合、壊れはありません。ずっと大切な相棒として色んな場面で仕事してくれています。)

ヤマギワのカタログ
↑これは購入する時に検討したカタログで今でも置いています。平成17年7月1日発行
https://www.yamagiwa.co.jp/

【この椅子を買ってよかったこと】
・本物のすばらしいデザインを身近に置くことで、物の見方が変わった
・家具をたくさん置かなくても充実する空間の良さを知ることができた
・単純な6帖の部屋に締りが出た
・お金の使い方が変わった(良いものを長く使うためには初期投資。衝動買いをしない。慎重に)
・感性を刺激してくれた
・住宅が楽しくなった

このセブンチェアに限らず、すばらしいデザインの椅子はたくさんあります
座るだけでなく、見て楽しむおしゃれな椅子をお家に一脚置いてみるのはいかがでしょうか?
きっと毎日の生活に刺激をあたえてくれて、気持ちをUPさせてくれると思います。