そして生活はつづく:星野源

星野源著書そして生活はつづく

つまらない毎日の生活を面白がること
人は生まれてから死ぬまでずっと生活のなかにいる。生活から逃れることはできない。全ての人に平等に課せられているものは、いずれ訪れる死とそれまでに延々と続く生活だけなのである。

特に印象に残った文を引用しました。

この本の中には、星野源さんという【人のリアル】と【生活のリアル】が全て書かれています。こんなに書いて大丈夫なの?と思うぐらい書いてあります。
色々本を読んできましたが、ここまでノンフィクションで書かれているものはみたことがありません。ノンフィクションだからこそクスッと笑えて面白いです。(トイレ掃除、洗濯、携帯電話の支払い、自分の癖・・・etc 身の回りのよくある生活の一部が書かれています。)私生活での陰と陽、リアリティを隠さないのが、また彼の魅力であるように思います。

なぜ、この本を紹介させていただいたかというと、せっかく新しくブログを作るなら、自分の生活をノンフィクションを書こうと思いました。でも、人間どこかで”ええかっこしい”の自分がでてきて、それを本当のように書いてしまいそうになります。ノンフィクションをかくこと=自分をされけ出すことで恥ずかしいですが、そうじゃないと生活に関するブログは書けないと思っています。
“ええかっこしい”の自分がひょっこり顔をだしたら、この本を読んで軌道修正しようと思っています。。(最近では、極力本を見えないところに片づけていますが、常にこの本は手の届く場所においてあります。内容は片づけのカテゴリーで書いていきます)
これから続く生活を彼のように面白がっていけたらいいなと思います。

私のリアルを一つ。私は、正直言って、国語が得意な方ではありません。(古典は得意だったんですけどね。)ですので、たまに誤字、脱字、文体おかしいことが多々あるかとおもいます。(本を読みだしたのも社会人になってからです。)そして、ときどき関西弁で書いてしまうときがあると思います。ご容赦ください。




生活には関係ないですが、こんな時しか書けないので、よくある一問一答を書いておきます。
【芸能人編(男性編)】この方々のことはこれからブログにも登場すると思います。

好きな芸能人は?
→ この本の作者星野源さんと 俳優の草なぎ剛さん
どれぐらい好きか?
→ ライブ・舞台・映画を見にいき、本やDVDを買うぐらい好きです。あまりテレビは見ませんが、このお二人のものは録画してでも見ます。
どんなところが好きか?
→ それぞれたくさんあるのですが、共通点として、好きな事をして本気で楽しんでいるところ、追及されるところ。いろんなことがあっても前に進んでいくところ。(他人に何をいわれても、自分が好きなんだからいいじゃない と言ってやるところが好きです。)有名人なのに、そう感じさせないフラットな雰囲気、役に入った時のギャップも好きです。