オフィスチェアがおすすめ ルーチェ【Luce】

ジウジアーロデザインのルーチェ

長時間机に向かう時どのような椅子を使っていますか?

お子様はもちろん、大人の方でも自宅で机に向かう時間が多いのではないでしょうか?

例えば、
・資格取得などのスキルUPのための勉強
・在宅ワークのためパソコンに向かう
・会社から持って帰ってきた仕事のまとめをする
・パソコンでテレビ・DVDなどの動画を見る
他にも色々あると思います。

私も、朝活の時間の大半を机に向かっています。資格取得の勉強をする、本を読む、パソコンを使って調べものをする・仕事のまとめものをする・・・etc。以前はデザイン椅子を使っていました。普段使う分にはデザイン椅子でも申し分ないのですが、長時間机にむかって作業しているとだんだん肩が痛くなったり、腰が痛くなったり、座りごこちが気になって集中できなくなってきたのです。(おそらく昇降式でないため座面と机の間隔があっていなかったように思います。)

その時は、資格取得のための勉強をしていたのですが、痛さばかりに気がいってどうしたものかと思い、色々場所をかえてみたのです。カフェに行く、図書館に行く、低い机で正座をする、ダイニングセットでする。色々しましたが、どうにも集中できないので、困ったものだな~と思っているときに、

“自宅に会社で使っているオフィスチェアと同じものを置いている”という記事に目が留まりました。

たしかに、会社などで使っている椅子は長時間のデスクワークのために開発されているものがほとんどなので理にかなっています。しかし、自宅に置くのにオフィスチェアはいかがなものか?見た目固くないか?部屋にあうのか?個人で買えるのか? 疑問をもちながらも、作業環境に適したオフィスチェアを探し始めました。オフィスチェアはピンキリで安いものではホームセンターでも買える3000円ぐらいのもの~本格的なものは10万円ぐらいするものまであります。

これから長い時間共にするという思いがあったので、メーカーは、実績のあるオフィスチェアの有名どころ3社ITOKI・KOKUYO・OKAMURAに絞り、価格は、多少高くても機能性を重視しました。

【決めるうえで確認した内容】

・背もたれの角度
・座り心地
・耐久性
・デザイン性(カッコいいけど柔らかさもあり)
・価格(長期間使うことを理由に少し頑張りました。)
・アームの脱着
・自宅に置いても威圧感・圧迫感がないか
・昇降式かどうか

大阪ショールームで実物を見学、試座させてもらいました。
(メーカーや店舗によってはできないところもあるかもしれません。)
下記の表を作成し4種類の椅子にしぼりました。メーカーはOKAMURAさんです。

オカムラ商品を比較

最終的に購入したのは、OKAMURA「Luce(ルーチェ)」いう商品に決めました。商品の内容は引用として下記に記します。2014年に購入しましたが、今でも全く異常なく、座り心地もかわらず、体を包み込んでくれています。一番気になっていた、部屋に置いても圧迫感はないかというところも全く問題ありません。オフィスチェアというと かたい、地味、厳つい、というイメージが私の中ではありましたが、そのイメージは払しょくされました。

お家を新しくしてそこには書斎を・・と検討中の方や、模様替えをして机と椅子を一新したいと思われている方、私のように長時間机に向かいたいけどしっくりこないと悩んでおられる方、一度オフィスチェアを検討されてみてはいかがでしょうか?快適なデスクワークの選択肢が広がればと思います。自宅にもオフィスチェアはおすすめです。

Luce(ルーチェ)の特長

■アクティブなワークシーンにも、安心感のある座り心地を
ルーチェは、レオパードで培われてきた、着座から起立まで一連の姿勢変化に座部と背部をフィットさせる技術を踏襲しており、座面を持ち上げたフォルムが特長です。
特に着座時に、身体への衝撃を最大限に緩和吸収する「スマートリラクゼーションシート構造」により、体格・体重差に関わらず、あらゆる人に快適でソフトな座り心地を体感していただけます。

■ジウジアーロ・デザインによる軽快なフォルム
ルーチェは、OKIのロボットテクノロジーから生まれ、座り心地にオカムラ独自の考え方を踏襲したシーティングです。
更に、インダストリアルデザインの名門ジウジアーロ・デザイン社のデザインを採用。シンプルでありながら軽快な機能美を兼ね備えたデザインに仕上がりました。
コンパクトで軽やかな雰囲気が、オフィスに風通しの良い印象を与えます

引用:株式会社オカムラ製作所