アロマテラピーを生活に取り入れて楽しむ

アロマオイルのバリエーション

アロマテラピー=女子力の高い方 という勝手なイメージがありました。

私は、20代の頃、職業柄作業服着て事務所と工事現場の往復、打ち合わせ後の帰宅は日が変わってから、朝から晩まで働いて土日の忙しいときには休憩時間10分という、今では考えられないハードな生活をしていましたので女子力のかけらもなかったのです。すなわち、アロマテラピーとは無縁だったのです。なぜ、そのような私がこのアロマテラピーに出会ったかというと・・・

若さで乗り切れたことも、年齢を重ね、30代になると不規則な生活+α(人間関係+仕事+家庭の問題)から積もり積もって心身共に異常をきたしました。体が重く、やる気の出ない日、イライラする日が多くなり、いわゆる“自律神経の乱れ”が出てきてしまったのです。いくら寝ても疲れがとれず、眠りが浅いこともわかりました。(イビキもひどく無呼吸症候群の検査にも行きました。)

ある日、お店でアロマコーナーを通り、サンプルを嗅いでみるとすごくリラックスできそうな気がしたのです。その時はじめてお店で買った精油は“ヒノキ”でした。理由はシンプルで、木の香りが好きだったからです。このことがきっかけで、自律神経と香りについて調べだしたのがアロマテラピーとの出会いです。

アロマテラピーの資格をもっているわけではないので、自分が調べたことのみ書くことになりますがご了承ください。

【アロマの楽しみ方】

1. アロマランプ
2. アロマディフュ―ザー
3. マグカップにお湯を入れて一滴たらす
4. 湯船に数適入れる
5. コットンや布に数適たらし、枕カバーの中に入れる
6. アロマウッド(MARKS&WEB)
7. 素焼きストーン(無印良品)
8. エコブロック(UNITED ARROWS)
◆火や電気を使わないといけないから危険と思う方は、3以降で楽しんでみてはいかがでしょうか?

無印良品の素焼きストーン

夏も楽しみたいので、今年から素焼きストーン(無印良品)を取り入れました。ストーンに一滴たらすとほのかに香り、トイレの芳香剤替わりにも使えます。

アロマディフュザーを活用

冬はアロマディフュ―ザーで加湿しながら楽しみます。これは楽天市場で買ったように記憶しています。価格もお手頃です。

【どのような時に使うか】(精油の種類の一例です。)

・やる気・集中力アップ(ペパーミント・ローズマリー・グレープフルーツ、ベルガモット)
・PMSを抑える(イランイラン・ゼラニウム・ローズ・ラベンダー)
・消臭・防虫効果(オレンジスイート・ペパーミント・ヒノキ)
・お部屋でリラックス(ローズマリー・ラベンダー)
・リフレッシュしたい(レモン)
・夜ぐっすり眠りたい(ラベンダー)
・朝スッキリしたい(柑橘系・グレープフルーツ・レモングラス)
・リラクゼーション(ベルガモット、リラックス、ゆず、ヒノキ)
・気分を和ませ、明るい気分に(ゼラニウム・ベルガモット)

メンタル面の改善を目的としていましたが、調べていくうちに他にもいろんな効能があることもわかりました。脳にも良い効果があるようですね。そうかといって、一度に全部はできないので、自分がここをより改善したいな〜と気楽に楽しむのがいいかと思います。生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

最近、ある事情から以前より家の中の掃除をこまめにすることが必須となったのですが、掃除をするときのハウスキーピングにもアロマを使っています。(ペパーミントはすっきりしておすすめです。)

この時期のように、体調を壊しやすい季節の変わり目にもアロマはいいようです。みなさまご自愛ください。